リーダーシップの価値観とチームカルチャー

「巻込む」方法

リーダーシップと言っても人それぞれイメージするものが違います。

「リーダーシップの価値観はどのようなものがありますか」と質問を受けることが多いので

下記にまとめてみました。

豊かさ、許容性、業績、アカウンタビリティ、正確さ、成果、進歩、冒険、俊敏性、熱意、親しみやすさ、芸術性、自己主張、バランス感覚、冷静さ、仲間意識、公平無私、能力、配慮、確実さ、挑戦、変化、快活さ、明確さ、コミットメント、コミュニティ、思いやり、適正、競争心、仕事の完遂、自信、自覚、維持、一貫性、貢献、統制、信念、正しさ、勇気、創造性、信頼性、好奇心、決断力、敬意、頼りがい、決意、威厳、勤勉さ、方向性、素直さ、規律、多様性、職務、効果性、共感、激励、忍耐、環境保護、倫理性、優秀さ、専門性、公正、確信、家族、柔軟性、流れ、フォーカス、自由、親近感、楽しさ、寛容、上品さ、感謝の気持ち、成長、指導力、幸福、正直さ、高潔さ、有望性、謙遜、ユーモア、想像力、影響度、不偏、自立、個性、精励、影響力、独創性、知的好奇心、洞察力、誠実さ、知性、内省、直観力、創作力、新設、知識、学習、論理性、愛情、ロイヤリティ、違いを生み出す、注意深さ、同調しないこと、従順さ、開放性、楽観性、秩序、協調性、完全性、根気、力、実用主義、精度、心構え、職業意識、繁栄、時間厳守、現実主義、理性、合理性、承認、レジリエンス、解決、問題解決、尊敬、責任、安心感、自制心、無視無欲、自立、自尊心、奉仕、重要性、シンプルさ、誠意、スピード、長所、構造、相乗効果、指導、チームワーク、信頼、信用性、先見性、バイタリティ、暖かさ、意欲、成果を出し続ける、知恵

これだけ連想できる価値観が多くあると、管理職の皆さんが「リーダーシップが重要だ」とメンバーに伝えても、皆違うことを想像することが予想されます。

大切なのはまず自分自身が最も重要だと思う価値観を3~5つに絞り込むこと。

次に組織の価値観とアライメントをどのようにとるかを検討します。

そしてチームメンバーに考えの背景と意図を伝える。

個人作業を終えたらチームメンバーを巻き込みながらどのように具現化していくか決めていく。

そのプロセスの中でチームメンバーがグループからチームに変わり、チームのカルチャーを形作っていけるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました