自己・発見

他人軸で何が悪い!?

昨日夜が遅めの時間だったのですが、超久しぶりに銭湯に行き、超ひさしぶりに体重計にのってみました。
もはや自分を慰めるしかない。きっとこの変化の原因はコロナだろう。。。
※明確に違います、甘いものを食べすぎているのを数値で実感。

人ってそもそも他人軸じゃない?

自分軸で生きるって結構難しいですよね、、そんなことをぼやーと考えました。おぎゃーと生まれてきた時点で、お父さんとお母さんがいて、生まれたたては両親によって生かされています。
他人に依存しなければ生存できないところから全ての人の人生はスタートしていますよね、他人軸でなければもはや生存できなかったんです。そこから少しづつ自分の思う通りに生きたいという欲求がでてきますね(うちの4歳の娘は特にそう!!)
自分軸って自分で見つけ、自分の考えで生きるというイメージが少なからずある気がしますが、つまるところ、僕たちは全てその環境を与えられているし、与えられると同時に自分軸に気づける体験や経験をさせていただいているその体験や経験をどのように受け止め、先につなげられるかは人それぞれですが)。
だから他人軸になってしまっているというのはまあまあ当たり前なのかもしれないなと・・・・とふと思いました。

自分軸で生きるってどいうことだろう?

自分軸で生きる。これはいろんな見解があるし、極端な話絶対的正解があるわけではありません。だからあくまでも個人的な見解ですが、
自分がどう在りたいか?
これが自分軸ではないかなと思っています。社会の中の自分はどう在るのか?家庭の中の自分はどう在るのか?会社の中の自分はどう在るのか?友達の中の自分はどう在るのか?
在り方っていろんな場面がありますよね、
その場面場面で自分が大切にしたいものに自分軸って内抱しているような気がしています。

在り方なんてわかんない!!

これは誰にも分からないし、分かるものでもないのかなと最近思っています。自分を含め自分の在り方なんて、パーフェクトに見えている人が世の中にいるはずもなく、そもそもパーフェクトに見せることも無理なんだから、自分の全てを見てもらおうとするのも至極無駄な行為なのかと思えてきます(小学校の頃の自分は他人の目しか気にしてませんでした・・・全部無駄だったのか????)
うーーーんと考えてしまいました(笑)。
いろいろ書きましたが、私は人生に無駄なことはないと思っています。
一つ一つの経験や体験がいまの自分の基礎をつくっています。
過去の自分のありのままを感謝する。これが今とこれからの自分をつくるんじゃないだろうか?
と本日改めて自分に言い聞かせました。