News

パンデミックを正の影響にする!

コロナウイルスが世間を騒がせてから既に1年が経過しました。驚くべきスピードでワクチンが開発され、世界中で接種が開始されているのは明るいニュースです。しかしながら変異ウィルスの問題などがありまだまだ予断を許さない状況が続いています。皆さんは今までの1年間でどのようなことを感じましたか? 

私は改めて人間というのは 国籍や人種あるいは年齢や性別に関わらず、違う点こそあれ、共通点の方が多いと感じました。 マスクの争奪戦から始まり、 トイレットペーパーが少なくなるという噂がたつとスーパーの棚から一瞬でなくなり、 ウィルス撃退にうがい薬が効くというニュースが流れると薬局から一瞬でなくなる、 テレワークが進む、マスクをしてるしてないで喧嘩が起こる。。。こうしたことは日本だけでなく世界中で見られます。つまり人間としての特性というのはどこでも変わらないということでしょう。私は改めてその事実をパンデミックを通して認識しました。

また自宅で過ごす人が多くなる結果、精神的に不調をきたす人が続出してます。 運動不足程度であれば良いのですが、 内面的にストレスを抱えそれが日々の体調にも影響しています。 直接的な因果関係は科学的に証明されていないようですが、こうしたことの遠因として若い人の自殺が増えています。 これも世界中で見られる共通の傾向です。 

ネガティブなことばかりが 世界的なパンデミックの結果生まれてきているように見えますが、ポジティブなことも起こっているようです。 アメリカの公共放送(PBS Newshour)で流れていたアメリカの10代の少年少女がこの1年間でどのような気付きがあったのでしょうか? 以下少し抜粋し翻訳します。引用元(https://www.pbs.org/newshour/show/teenagers-reflect-on-how-their-worlds-changed-during-the-pandemic)

​Naamah Silcott: パンデミックのおかげで私はずっと謙虚で親身な人間になりました。

Cristofer Renteria: 昨年は、精神的にも肉体的にも自分のことはあまり気にしていませんでした。​今は毎朝運動して、もっと健康的に食べています。

​Holden Schwartz: 私は弟ともっと親しくなりました。友人は町の別の場所に住んでいますが、私のすぐ近くに住んでいる人もいるので、近所で新しい友達を作るようになりました。

​Ryan Maejima-Gonzalez:1年前とは全く違う人間になったような気がします。​自分がもっと優しくて思いやりがあると感じるようになりました。​私が今回学んだことは知識に基づいて人を判断しないということです。彼らがどんな経験してきたのか私には分かりませんから。

Terry Jones: 何かを学んだとすれば、人生は短すぎて時間を無駄にしたり、間違ったことにエネルギーを注いだりすることはできないということです。

Genesis Diaz-Velazquez: 私は自分のスケジュールをうまく管理する方法を学び始めました。

Jackson Saleh: 今年になって初めて、自分が何をしたいのかよく分かりました。私は特別教育の先生か看護師になるつもりです。看護師になるのは素晴らしいことだと思います。今起きていることをすべて見て、人々を助け、ワクチンを与え、必要な時に人々のためにいることができれば、素晴らしい仕事になると思います。

Matthew Lyons:  私は1年前よりずっと賢くなったような気がします学問の観点ではなく、世界の仕組みや世界がどれだけ恐ろしくひっくり返るかという観点からです。

若者の自殺が増えている中でこうしたポジティブな見方を持つようになった若者がいることは心強い限りです。こうしたポジティブな影響は当然アメリカだけでなく日本を含め世界中で見られると思います。 

3.11でもそうですが、人生何が起こるかわからない。 だから一瞬一瞬を大切に有意義な人生を全うしよう、と思う若者が増えているのではないでしょうか。これは若者だけでなく全世代でも 同じような傾向が芽生えているのではないかと推測します。

パンデミックでパニック症状に陥り自衛行動に走ってしまうというネガティブな側面がある一方で、思いやりを持って人に接するようになるということも一方では起こっているのではないでしょうか。 

「明けない夜はない」と言われますが、 ようやくトンネルの終わりに光が見えてきました。 トンネルの先にはどのような景色が広がっているでしょうか。どんな景色を想像するかは一人一人の考え方によるところが大きいのではないでしょうか。パンデミックが正の影響を持つように、ぜひポジティブに心構えたいものです。

(島田亮司)