About

代表紹介-考え方

小川晋平1
名前 小川晋平(おがわしんぺい)
生まれ 1978年東京生まれ
育ち ドイツ・東京
最終学歴 青山学院大学国際政治経済学部
好きな言葉 有限実行
※本人もよくわからないが、ピンときたものは何が何でもやる。ピンとこないとどんな状況でも絶対やらない。

みなさま始めまして、小川晋平です。

自分の自己紹介を書くのが恥ずかしくてしょうがないです。。
本記事では、私がどんなことを考え、ArtMindは何を目指しているのかを書きたいと思います。
まずは私の頭の中心にあるのは個人が活かしあって成立している、個人の時代という言葉です。
恐らく多くの人が感じていることだと思うのですが、個人の時代の到来がこのコロナショックで加速しました。

個人の表現が埋もれるSNS

SNSが到来し、Youtubeができて、個人が自由にマスにし対して発言できるようになりましたね、個人の時代が到来!!!!

・・残念ながら、そうはなっていません。

そこには理由が2つあると思っています。

1つ目は利用する側の「意識」の問題。
①個人の発信を趣味として暇つぶしとして利用するのか ②自分の自己をマスに表現してビジネスを前に進める手段として使うのか
①から②の変化がなければ個人の時代とは言えません。自己表現がたんなる暇つぶしだったら、社会の成立に必ずしも必要のない脇役以上ではありません。この①⇒②の意識の変化が新型コロナ感染が拡大するとともに強制的に生まれています。今は誰もが生き抜くのに必死です。

2つ目は発信した結果の問題。
みんながうすうす感じながらも恐らく多くの人があえて語ってはいないこと、もしくは起きている現象を当たり前と捉えているのかもしれません。

「結局・・うもれてんじゃん!!!」

単純に舞台が変わっただけではないかなという印象です。著名人や芸能人などの有名な方々が脚光を浴びる、TV、CM、古くからある広告
これが単純に、いろんな人が発言するSNSに変わっただけ・・・???結局発信するのが上手い人、企画をもって発信できる人、仕掛け人みたいな人と出会えた人、、こんな方々が勝つ。こういう方々のみが浮彫になる世界。

「何も変わってない!!!!!!」

そんなことをうだうだ考えて、悲しんで、ちょっと何かをトライ(SNSに投稿する、ブログ記事を書くなど)しては辞めてを繰り返して、結局は何も継続できてない、小川晋平はそんな人間です。

ArtMindが目指すもの

恐らく上でお伝えした、SNSを投稿しては辞めてを繰り返すエピソードはどこかで聞いたことがある、もしくは自分自身に身に覚えがあるかもしれません。
何かをやりたい!!と思って自己表現しても、表現するテクニックや影響力を駆使しないと埋もれる可能性のほうが高い現状のプラットフォーム(SNSやブログなど)に違和感があります。

何も否定的な気持ちはないし、むしろ個人が世に発信できる可能性を広げた事実に単純に素晴らしい!とは思うのですが、起きているのは単純に広告の舞台が変わっただけの印象を受けています(勿論有料か無料かの違いや、個人が手軽に世に発信できるところなどの違いはあります。)

今のプラットフォームだけをベースにして個人を効果的にマスに発信するのは難易度が高いというのは想像に難くないと思います。

小川晋平が志し、ArtMindが目指すのは、多くの共感があつまり、その共感に集まった人の特性が活かされるプラットフォームです。

小学校の頃、体を動かすのが好きな私にとって昼休憩の時間はとても貴重な時間でした。昼休憩が近づくと、今日のお昼の時間何をする??という相談があちらこちらで始ったのを覚えています。
結果的に何もしないを選んぶ人もいますが、誰かが発案したものにほとんどの人がのっかりました(大げさですが当たり前ですね)。

このあり方を社会の当たり前にするのがArtMindが考えていることです。
〇〇の動画をつくる。〇〇のイベントを行う。企画毎に人が集まり、その企画を実現する。

今の普通にある当たり前の光景ですが、ArtMindは人が集まる一番初めの動機を変えます。

「お金を得るための仕事」だからやる。これが多くの人の動機です。

これを「共感できる」だからやる。これが動機になって人が動く。これは今もコミュニティ別だったり、会社の中でも時々起きていることです。これを社会の当たり前にするのがArtMindです。

 

 

 

小川晋平ができること

全ての人の中に、その人にしかないアートがある。これが私が信じ続けていることです。こういうんだからこそ、私が信じる私の中のアートもある(気がする)。

・やるっと心に決めたこと(めったにない)は必ずやる。実現するまで。
・根拠のない自信にまみれている。

たぶんこの二つだけ、褒めていただける方もいらっしゃいますが、私がそこまで人に自慢できるスキルを持ち合わせていないことを自覚しています。

人の本気の「好き!」が活かしあうことで、スーパー面白い社会ができる。

19歳の頃感じたこの感覚は間違いなく社会にできる。これは根拠のない自信とかではなく、恐らく社会は普通にそちらに向かいます(実際今向かっている)。

脳の手術を大学3年のときにしたので、私は大学を5年間謳歌しました。
大学5年の時私は、恐らく私以外に、本当の意味で人の「好き!」を活かすプラットフォームを作れる人はいない。と確信しました。
これは根拠のない自信です。今もあります。だからArtMindの事業を再開するのです。

好きなコトで生活したいヒト必見です!

ArtMind TOP

自己発見セミナー申込

【120分のZOOMセミナーで得られるもの】

・自分軸を明確にするとどんないいことがあるのか?
・あなただけにしかない価値(自分らしさ)をどうやって見つけるのか?
・自分らしさをどのようにビジネスに活かすことができるのか?
・ビジネスを拡大するためのノウハウ!
・自分らしさを活かすためのマインドセット&ツールセット!
・自分固有の悩みや課題をシンプルに整理し解決できる!

【特典1】ビジネススタートのノウハウ集!
【特典2】時間管理 ①理論編 ②実践編!
【特典3】オンライン個別セッション×1!

自己発見セミナー申込