株式会社ArtMind

渋沢栄一翁の名言と人生(4)

  • YouTube
無料会員登録 無料会員登録

渋沢栄一翁の名言と人生(4)

渋沢栄一翁の名言と人生(4)

晩年期

今回、いよいよ壮年期から晩年の話を書きます。
実業家としての才能を次々と発揮していきます。
1876年石川島平野造船所(現、IHI)に創業支援、秀英舎(現、大日本印刷)、中外物価新報(現、日本経済新聞)の創業支援を行います。
1879年には、東京海上保険会社(現、東京海上日動火災保険)に創業支援、日本鉄道株式会社(現、東日本旅客鉄道)、東京電灯会社(現、東京電力ホールディングス)の発起人となります。
その他多数の企業の発起人、創業支援に関わっていきます。
その間、教育事業への支援も行います。
1886年養育院慈善会創立、1887年東京女学館、永田町に開校します。
この後も多数の慈善事業を晩年まで行っていきます、
渋沢栄一の経営者としてだけでなく、教育、慈善事業と社会に対して常に考えて
いたことは、現在我々も見本とする精神だと思います。

ここで彼の名言を記します

 

人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。仁者に敵なし。私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している。

 

意味:人を選ぶときには、家族を大切にしている人は間違いなく、人を使うときには、

   人柄を重視して人情味のある人を採用している。

 

(今日の一言アドバイス)

 

夏も終わり、秋です。

山や木々の美しさは、自然と目に止まります。

コロナ渦で大変ですが、近くの公園に行き、

緑のあるところで深呼吸すると気持ちも落ち着きます。

秋は何か始めるのにいい時期です。

何か始めてみませんか?

好きなことから始めてみましょう。

 

出典:田澤 拓也著 『渋沢栄一を歩く  (小学館)

   :竜門社編渋沢栄一訓言集 (国書刊行会)

   :鹿島茂 編訳青潭論叢(講談社学術文庫)

この記事を書いた人

渡辺昌太郎

渡辺昌太郎

プロフィール

幼少の頃、アメリカにてミッションスクールでアメリカ人と教育を受けて人生を楽しむことの大切さを海外から学びました。アメリカでは、自国の文化、習慣を語ることを授業で行い、日本ではないことだと思いました。その中で日本の歴史と欧米等の歴史にも強く関心を持ち、欧米と日本の教育の違いが何かを考えました。大学卒業後、大手IT会社にて経理、総務、技術等の経験をし、その中でボランティアなどを含めて悩み、転職などの相談を受け、なぜ日本での働き方、生き方が生きづらいのかを独自で研究してきました。人の生きる目的、価値観、哲学を持つことの大切さを痛感しました。世界の文化、歴史、価値観、ライフスタイルは多様であり、広い視野でものを見つめることが大事です。より充実した人生を送れるようサポートをさせて頂ければと思っております。

閉じる

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。