得意分野以外はNo more work!

「絞る」とは
今回は上野 英之さんへのインタビュー内容になります。

私はこの仕事が好き!この仕事をしている時はやる気に満ち溢れ、簡単に成果が出る。

そんな得意分野ってありますよね。

できれば好きで得意な仕事だけしていたい。そう思ったことありませんか?

全てを自分でやるよりも、苦手分野は人に任せた方がいいですよね。

餅は餅屋って言いますし。

でも子供の頃、苦手なことは克服した方がいいって言われたことありません?

その時の名残なのかもしれませんが、大人になった今でも、

外部パートナーに依頼することに罪悪感を感じる人っているんじゃないですかね。

当社は「全ての仕事が内製化なんです」という会社の方って辛そうな表情をされている方が多い気がします。

私は、常に費用対効果で考えているため、苦手なことに自分の人件費を費やして行う事に、逆に罪悪感を感じてしまいます。

自分達だけの殻に閉じこもったら成果もでづらいので。

最近は社内で人を雇う必要性は無くなってきてますよね。

外部でコンソーシアムをつくってやっていけばいいので。

この話とこの話はつながるから、この人と組んだら面白いって思えるか。

人それぞれの得意分野をアピールできる場があり、つながったらビジネスが生まれる。

なので自分の知見を広げてくれる交流会などにどんどん参加するといんじゃないですかね。

ブログやニュースの記事を読んで興味を持てたらアウトプットして別の誰かに共有

情報の共有はノウハウの流出ではないと思うんです。

自分しか持っていない情報にはさほどメリットはない。

人に話してみたら楽しい!となり、話した相手からもこんないいこともあるよって戻ってきますから。

更に言えばブログは読むだけでなく、自分から書くことが大切。

書いた内容に意味があったら周囲が共感、共有してくれますから。

得意なことはどんどんシェアしてつながりをつくれれば、得意なことだけで生きていけます。

そうすれば毎日晴れやかな表情で過ごしていけますよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました